推しを召しませ 召しませ推しを

“推し"という言葉には打算が無い。

“好き"には、それを"好き"な自分が透けて見えることもあるが、"推し"はもっとピュアに思える。
推しの宿りしものを自分の部屋に満たしたい、という思いは、おそらくその当事者たる者には自然と発するものなのだろう。

自分にしてみれば、それはレコードだったりCDだったりという、言霊や律動、旋律などがパッケージされたものにほぼ収束されていったので、よくわからないうちに自然とオーディオ再生という行為に導かれていった。

他者が再生する音源に、更なる他者が好悪や無理解で講釈を垂れるほど無粋なことも無いので、自分が培ってきた感性や性癖の琴線に触れるものを思いっきり聴けばよい。

己が部屋に、推しを召しませ 召しませ推しを。

サポートするよ。
ここのシステムでは、何を聴いてもok。
自分のヘッドフォンがあるなら持ち込んでもよし。バランス駆動と静電型はちと困るけれど。

これまで知覚できていなかった音のヒダや気配、律動をお聴かせしましょう。


お問い合わせや訪問予約はこちらから
サウンドアクセラレータやシルキーユニットの通販はこちらから
Tシャツなどのノベルティはこちらからどうぞ

audio

Posted by takelet2