自分の魂が揺さぶられる声、音楽、律動、いろいろあります。

生きていく上で必ずしも必要じゃないかもしれませんが、それがあることで自分を律してくれる存在。

それらを少しでも近くで感じていたい、という方へのお手伝いができるといいねえ、というポリシーを携えたオーディオ屋です。

タイムドメインmini mini大作戦

こゆやつです。定価だとペアで198でしたか。もう20年くらい前でしょうか、富士通のデスクトップpcにOEM供給されてて随分とヤフオクを賑わせていました。

ふと思い立ってヤフオクを覗いてみたらそこそこ安くであったので何となく落札。

音は悪くは無いんですが、いかんせん内蔵アンプの音が雑すぎてそのままで常用できるクオリティではありません。以前も手を入れて使ったことはあったのですが、再度チャレンジ。

ユニットにはエンクロージャー容積の都合上、最小型のサウンドアクセラレーター SA-5を装着。内蔵アンプにも基板裏打ちしたりシルキー回路を装着したりと色々とやってみたのですが、なまじSA-5を装着したおかげでアンプのダメさがより際立つ結果に。

結局、内蔵アンプは捨ててパッシブで使用することにしました。ユニットからの引き出しケーブルには信頼のコレを使用。2m引き出してバナナプラグで端末処理。

ガチャガチャした音源には向かないし、今時の音圧アゲアゲクリップ音源だと歪感をそのまま脚色無しに出しちゃうのでこれまたキツイ。しかし、昭和から平成初期くらいの頃のきちんと録られたポップスや歌謡曲にはズッパマリ。

でもね、所謂正三角形の頂点で聴いちゃダメですな。仕事しながらとかで後ろで鳴ってると最高。部屋のどこで鳴っててもいいけど、ちゃんとそこで歌ってる。

軸線を外さないとアラが耳についてしまうんだなあ、というのがよくわかりました。

 

audio

Posted by takelet2