自分の魂が揺さぶられる声、音楽、律動、いろいろあります。

生きていく上で必ずしも必要じゃないかもしれませんが、それがあることで自分を律してくれる存在。

それらを少しでも近くで感じていたい、という方へのお手伝いができるといいねえ、というポリシーを携えたオーディオ屋です。

立川シネマシティ

まあ近所と言えるし視聴環境も最高だし会員になってれば1000円だしで、他の映画館に行く気には全くならないのです。

そんなわけで今日は久しぶりのガルパンおじさんになってきました。1000の回と1250の回で2時間の休憩を挟みつつ。1000の回はbスタジオで、1250の回はaスタジオです。

サウンドは量感のaスタ、キレのbスタという傾向で、どちらにしてもそこいらの映画館など足元にも及ばない体験が出来ますが、今回はbスタがズッパマリでした。サブウーファーとの繋がりはこちらの方が圧倒的に良いのでセリフの明瞭さ、砲撃/弾着音のリアルさ、快感度合いが段違い。opの歌が初めてマトモなバランスで聴けた気がしました。

個人的にはサラウンドには何の興味も持てないし包囲感とか移動感とかはどうでもいいんですね。求めるのは音の質感のみ。以前は大画面もどうでもよかったので、SONYの業務用モニターで見てました。有機ELのXEL-1も買ったし。

やっぱり今のaスタのサウンド調整はもっかいやり直してほしいと。こないだシンなんとか見た時も思ったけれど明らかにセリフの帯域に低域が被っちゃってもこもこしているもの。つか、言ってしまうとメインスピーカーがラインアレイ型に変わってからずっとバランスがおかしいよ。

bスタもラインアレイ型ではあるのだけれど、こっちは毎回良くなってる気がするです。

立川シネマシティで極爆上映を楽しむならば、今のオススメはbスタですよ。

雑文

Posted by takelet2